2012年最後の営業日にて


1年の終わりですね。あっという間の1年でありました。

2012年は総体として我慢の年でした。
サービス、組織、自分を成長させていくための我慢。
布石を打ちまくった年。

そして、恐らく来年も引き続きそういう年になると思っています。
サービスはユーザー数が順調に伸びています。
組織力はメンバー相互の連携や個人スキルを含めて常に向上しつつあります。
僕自身もSEOからファイナンスまで様々な知識をアップデート、学習できました。

しかしながら、もっとできたことがあったんじゃないか?と反省をする部分もものすごくたくさんありました。

来年はそういう風に思うことのないよう、また、しっかり飛躍できるよう、堅忍不抜の覚悟で臨んでまいります。


■クラシファイドというインフラを作っていきたいという意思

僕たちのやっているクラシファイドサイトを作っていく過程は、
国道整備みたいなものだと僕は考えています。
完成するまではなかなか使いづらかったり、地道な努力の積み重ねが大事だったり、
達成感を得ることがとても難しかったりします。

逆に、それが落成した時には他では得られないような非常に大きな達成感があると確信しています。
それは社会的に誰でも使えるインフラになり、そこにあることが当たり前のものになると思っています。
だから、来年も地道な努力を積み重ねていこうと思っています。

■今、一番大事にしていること

最近、okatyさんに任せてばかりになっていたCS対応や投稿チェックを
ガツガツやっています。
作業内容はカスタマーの皆様から来たご質問やご意見に対して回答を差し上げることであり、
投稿を1件ずつ確認し、他のカスタマーにとって掲載されるべき情報かをチェックすることです。
もちろん、徐々にシステム化され、自動化されるべきところはあります。
その設計をするためにも自分でやってみる必要がある、という側面もあります。

しかし、これはそういった実働的な意味を抜きにして重要な作業だと感じています。
カスタマーの問合せにも、投稿にも、そこには確実に生のカスタマーの気配があります。
カスタマーが今サービスに対して何を考え、何を思っているのかがひしひしと伝わってきます。
サイトのコンディションが今どうなっているのか、ということが手に取るようにわかってきます。

今後もカスタマーの皆様との対話を続けながら、道路をせっせと作っていきたいと思っています。

■この場をお借りしまして

そういうわけで、すぐに手放しで感謝されるわけでもない、
いわゆるソーシャルゲームのような派手さもないサービスなんですが、
地道にコツコツと頑張ってきてくれた仲間=社員のみんなにまず感謝を申し上げます。

また、叱咤激励をいただきましたたくさんの方々、
そして、まだまだ使いづらいジモティーでも使っていただいているカスタマーの皆様に感謝を申し上げます。


本年もありがとうございました!
来年もジモティーをよろしくお願いいたします!

投稿者: 加藤 | 2012年12月28日 | スタッフブログ - 最新の記事: 社内で出産ラッシュが続いています!... 記事一覧ページTopへ