ニュースリリース

初の地方支社を北海道北見市に開設 ~北見市と北見工業大学と連携、地域密着を通してサービスの拡大目指す~
2019年7月8日

地域の情報サイト「ジモティー」(以下 「ジモティー」)を運営する株式会社ジモティー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:片山 翔 以下 ジモティー)は、初の地方支社となる北見支社を北海道北見市に開設し、本日、企業立地協定を締結いたしましたので、お知らせします。

左から 北見市長 辻 直孝氏   当社 代表取締役社長 片山 翔

今回開設した北見支社では、ジモティーに掲載される投稿情報の確認や利用者様からの問い合わせなどに対応するカスタマーサポート業務を行っています。2019年7月1日(月)より開設しており、現在4名のスタッフが働いています。今後も継続して採用活動を行い、長期的にはエンジニアリング業務などの他業務も行える体制づくりも検討しています。

当社は「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」を経営理念としてサービスを展開しています。地域により密着して地域の課題を解決するため、今後、北見市と連携しながら地域の情報の流動性をあげる様々な取り組みを行う予定です。北見市で得た知見を基に汎用性のある地域活性のフレームワークを作り、他の地域でも活用することを目指します。

また北見市との連携に加え、産学連携の取り組みとして北見工業大学とも共同研究を開始しています。具体的には2019年4月よりAIを使用し、ジモティーに投稿される内容の確認を自動化するための研究を行っています。サービスに組み込み、業務効率化を図ることを目標として、継続的に協力しながら研究を進めたいと考えています。加えて、社員採用に向けた活動として北見工業大学生向けの新卒採用活動ならびにインターンシップを行っています。

なお、北見支社開設にあたり北見市長 辻 直孝氏よりコメントをいただいております。

 

■北見市長 辻 直孝氏のコメント
株式会社ジモティーの初の地方拠点として、本市に北見支社を開設いただいたことに心から御礼を申し上げますとともに、ご尽力いただいた関係者の方々に深く感謝しております。
本市ではこれまで、北見工業大学と積極的な連携を図りながら、IT関連企業の集積に向けた誘致活動や人材育成を推進してきたほか、ICT環境を活用したテレワークの普及・拡大に努めて参りました。
今般、ご縁がありまして本市に進出していただけることとなり、新たな雇用の受け皿としてだけではなく、地域の情報発信という点においても、力強いパートナーを得たものと期待しているところです。今後も本市の経済活性化や地方創生はもとより、株式会社ジモティーの更なる成長に向けて、連携した取組を進めて参りたいと考えております。

 

今後ジモティーは、北見市の地域活性化と雇用機会の創出に貢献し、北見市と協力しながらサービスの拡大を目指します。