ニュースリリース

ジモティーを通じさいたま市の保有家具を市民に無償提供する実証事業を開始
2020年8月18日

持続可能な社会を目指し自治体と連携したリユース促進を強化

地域の情報サイト「ジモティー」(以下 「ジモティー」)を運営する株式会社ジモティー (本社:東京都品川区 代表取締役社長:加藤 貴博)は、さいたま市と連携してリユースに関する実証事業を行うことになりましたのでお知らせいたします。今回の実証事業ではさいたま市が保有するリサイクル家具の一部を、市民の方々等に無償で提供しごみの削減を目指します。

■背景
ジモティーは、地域に根付いたあらゆる情報を無料で掲載できる情報サイトとして、月間1000万人以上の方にご利用いただいており、郵送に手間やコストのかかる大型の家具や家電を中心に、必要なモノを必要な人へ届ける場を提供しています。

これまで当社では、複数の自治体と協定を締結しており、地域内でリユース活動を促進することでごみ削減を目指す取組みを行ってまいりました。北海道北見市と2020年7月に開始した取り組みでは、ジモティーを通じてリユース品が市民に無償提供され、開始から1ヶ月で大型の家具など約20件が出品され、大部分の譲渡が成立しています。

今回、ジモティーを活用し実証事業を行うさいたま市では、市内のごみや資源物を処理する桜環境センターにて、家庭で不要になった家具のうちまだ活用できると判断したモノを無料で引き取り、清掃・補修を施してから「リサイクル家具展示販売会」で販売しています。しかし、販売会に複数回出品しても購入される方がいない家具も一定数存在し、まだ利用可能な物を処分せざるを得ない状況が課題となっていました。そこで、2020年2月に当社とさいたま市が締結したリユースに関する協定内の一事業として、実証事業を開始する運びとなりました。

■実証事業の内容
さいたま市が運営している桜環境センターにて、保有するリサイクル家具をジモティーに出品し、譲渡を希望する市民への受渡しを行います。従来であれば処分していたまだ使える家具を市民の方に提供することで、リユース促進とゴミの削減を見込みます。なお、リサイクル家具は不定期で出品していく予定です。

当社では、持続可能な社会の実現を目指し、自治体と連携したリユース促進を強化していきます。ゴミの削減やリユース促進に意欲がある、全国の自治体からのお問い合わせをお待ちしております。
■リユース家具の入手方法
・出品物について
地域情報サイト「ジモティー」内の「桜環境センター」ページよりご確認ください
URL:https://jmty.jp/profiles/5f2264f3f120f95c67569316

・引渡し場所について
埼玉県さいたま市桜区新開4丁目2番1号 桜環境センター 3F
URL:https://sakura-kc.saitama.jp/

・引渡しの対象者について
市内在住、在勤又は在学で、自分で搬出できる方

・引渡し方法について
出品物のページよりお問い合わせいただいた方に先着順でお渡しします

・手数料について
リサイクル家具は無料で譲渡します。

■「ジモティー」について
「ジモティー」は月間で1,000万人以上が利用する地域の情報サイトで、「売ります・あげます情報」「求人情報」「不動産情報」「助け合い情報」等のカテゴリー別になった情報が、都道府県別や市区町村別ごとに掲載されています。ユーザーは登録料や手数料が一切かからず無料で使用できるため、地域の情報インフラとして全国各地に広がっています。近年の事例としては、食品の譲渡や販売を通じたフードロス削減、災害時におけるボランティア情報のやり取り、ひとり親への支援活動といった用途が増加しています。
URL:https://jmty.jp/

<本件に関して提携を希望される自治体様からのお問い合わせ先>
株式会社ジモティー ビジネス開発 小寺
TEL:070-4562-8762 MAIL:business@jmty.jp

<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
株式会社ジモティー 広報 宮本
TEL:070-4559-7878 MAIL:press@jmty.jp